<<<トップページへ

 

●車イスで「ノンステップバス」体験記● レポーター:坂根里香(まちかど研究室)

いつもと同じ街並みにいつも見慣れた、あのバスこのバス。しかしながら、車いすで乗り込むはバスの中。全く違うものが見えてきました!ここ最近、目にも耳にも幾分馴染んできたノンステップバス。私、健康そのものなのですが、
その実体を探るべく、車イスにこしかけ、ノンステップバスに乗ってまいりました。
運転手さんの対応やバスの乗り降り、乗っている間の状態をズバリと実況します。
なお、私一人ではなく、車椅子をうしろから若き男性に介助していただきました。

 

一畑バス まつえウォーカー(現在は運行しておりません)

一番最初に乗る事となったのは100円バス松江ウォーカー。寺町のバス停からスタート。オレンジ色のまつえウォーカーから運転手さんが降りてきて乗車ステップの下のスロットからスロープを手動にてひっぱり出す。そしてお付きの介助者に押してもらい、車内に乗りこむ。今回は、助けてもらいましたが、歩道と車道の段差があり、ステップが水平になるバス停の場合、自力で乗り込むことはなんとか可能だと思います。

 


ホッとするのもつかの間、乗車中の安全を左右するは車いすの固定。これをできるだけしっかり行わなければならない。固定はされたのですが、実際には、バスがブレーキを踏み止まる都度、ズルズルと前進し、そして後進。我慢すればよいのですが、やはり、介助者がいるにこしたことはなさそうです。

市営バス 南循環線(北循環線も同じバス)

 一番乗り心地が良かったのがこの北・南循環。目前に停車したバスはタイヤの片側の圧を下げ、フラットな状態にします。そしてスロープがピッピッピッピという軽快な音を立て、いざ乗り込め!!といわんばかりに自動的に滑り出す。運転手さんも手慣れたもので手際よくことは進みます。もちろん、自力で車内に乗り込みました。
 車内での居心地も快適快適。車いすのタイヤの片側を固定用スロットにはめこみ、ボタンを押せばストッパーがかかります。あとはベルトをすれば準備完了!ただ、車いすを固定する装置のデザインは統一されているわけではなく、またボタンが数個あるものや一つのボタンで済むものもあり少し戸惑いました。 

市営バス 北ミニ循環線(南ミニ循環線も同じ)

先に上げた北・南循環を路線のひとまわり小さい範囲を走っているのが北、南ミニ循環。車いす対応もミニバスでした。
 乗車ステップ下からふたをとり外し、折り込まれた板を取り出します。そのままの段差の上に板を置くのため、ステップがちょっときつめの角度になります。そのため、自力で乗り込むのはやっかいで、介助の人がどうしても必要になります。

市営バス  レイクライン/一般バス

ノンステップバスではありませんが、観光で松江を回られる人のことを考え、あえてチャレンジ!
 バス停では、車イスから降ろされ、運転手さん、介助者に抱きかかえられバスに乗りこみます。もちろん、一般の座席にすわることになります。車いすはたたみ込み、車内に。
 ちなみに、市営バスは、すべて同様の対応をするそうです。

一畑バス  一般バス

一畑の一般のバスに乗ろうとしたのですが、運転手さんから、このバスには乗ることができません、と言われました。そこで、一畑バスの本社に、一般のバスでは、車椅子の方に対してどのように対応しているのか、ということを電話で伺いました。バスの乗ったあとの車椅子の固定などに問題があるため、現在は乗車を遠慮いただいている、との回答でした。

バリアフリー改造した松江駅

松江駅内に新しく設置された改札口からホームへのエレベーターに乗りました。エレベーターはフラットに止まり、上昇速度もとてもとてもゆっくり。更に乗った方向とは反対の方向に出口が開くので方向転換する必要もありません。エレベーターのボタンは低い位置に設置され、手すりも付いています。改札口からホームに続く永く険しいあの階段。温かい心配りでエレベーターは私をホームに連れて行ってくれました。

車いすバス乗り一連の流れ

スロープが出される(手動・自動)→乗り込む(車いすを押してもらう・もらわない)→車いす(体)を固定(車いすの足を固定、ベルトで体固定)→車いす専用のボタンを押し下車の意を伝える→バスが止まるとスロープが出される(手動・自動)→降りる→介護者がいる場合は介護者が、いない場合は自分で手渡しで運賃を渡す。